MENU

辛い関節リウマチの痛みを抑えるサプリメントはコレ!

辛い関節リウマチの痛みを抑えるサプリメントはコレ!

 

関節リウマチは一度なってしまうと薬を使っても完治は難しく、「生涯付き合っていかなければならない」類の病気です。
もちろん、ほぼ完治というところまではいけたり、痛みを抑える方法、というのはいろいろなものがあります。
というのもリウマチはいまだ完全には解明されていない病気だからです。

 

発症してすぐは進行にしないように治療すればひどいことにはならないのですが、現実として治療をしても痛みが緩和されないという方はいらっしゃいます。

 

そんな方におすすめしたいのが西洋医薬とは違うアプローチで痛みの抑制効果が期待できるサプリメントや漢方です。

 

では、関節リウマチの痛みを抑えるにはどういったサプリメントや漢方が向いているのか、ご紹介していきます。

 

関節リウマチの痛みを抑えるサプリメントランキング

 

痛散湯の特徴

関節リウマチの治療がうまくいかない、と思ったときに考えられる原因の一つとして、『体質』があります。
同じ関節リウマチで悩んでいる方でも、その痛みの感じ方というのは、人によって異なります。

同じ薬、同じ病院に行っても差異がある以上、それは体質と考えられます。
西洋医薬では、焦点を絞って痛みの原因に効く薬が処方されます。関節リウマチは、免疫の異常が主な原因ではありますが、すべて解明されたわけではありません。

そこで試したいのが、総合的な治療を目的とする「漢方」です。
漢方に使われているのは自然界に存在する生薬であり、西洋医薬よりも副作用の非常に少ないことで知られています。

漢方はピンポイントというよりは全体的に薬を効かせ、痛みの出やすい体の改善が期待できます。
この痛散湯は、材料には四つの生薬、麻黄、杏仁、ヨクイニン、甘草に加えドモホルンリンクルで有名な再春館製薬の独自処方として防已というツツラフジ科のオオツヅラフジの茎、根を乾燥させたものを処方しています。

その効果は、三叉神経痛、肋間神経痛、後頭神経痛、腕神経痛、坐骨神経痛等の各種神経痛、急性慢性関節リウマチ、肩関節周囲炎(四十肩)等の疼痛と幅広い神経痛に。
また、第二薬品でしっかりと臨床試験をクリアしているところも安心できるポイントです。

そして、今ならWeb限定で無料で試すことができるのも、うれしいですね。

 

痛散湯のおすすめポイント!
  • ドモホルンリンクルで有名な再春館製薬
  • 臨床試験を経た第二医薬品
  • 再春館製薬の独自処方として防已を処方
  • 関節リウマチに効く

口コミ

無料で試すことができたので、良かったです。効能にも満足しています。
59歳/男性
ドモホルンリンクルを使っているのでこちらも母に頼んであげました!母は関節が痛いといっていましたが、最近はあんまり聞かなくなったのでよくなったんだと思います。
48歳/女性
さすがは再春館製薬ですね。安心して飲めるので非常にありがたいです。
60歳/女性

価格 0円
評価 評価5
備考 初回無料試供、送料無料
 

きなりの特徴

DHA・EPAは、関節リウマチ症状の緩和に最も注目を浴びている成分です。
消費者庁の「食品の機能性評価モデル事業」の結果報告によると、関節リウマチ症状の緩和にEPA・DHAの評価は最高評価のAランクを記録しています。
また、DHA・EPAの効果に対する論文の数は、他の成分と比べても頭一つ飛び抜けています。

DHA・EPAは、魚の油に多く含まれる成分で、他には大豆、くるみ、えごま油、亜麻仁油などに多く含有しています。

非常に機能性の高い成分といえるDHA・EPAですが、一日の目標摂取量である1000mgを達している人は少ないという統計結果が出ています。
きなりは最低でも摂取したい500mgを超えるDHA・EPAを510mgを配合したサプリメントです。

もちろん食品からの摂取ができれば理想ですが、DHA・EPAは加熱処理により2~5割近く減少してしまう上に、酸化しやすいという弱点があります。「魚臭い」これは実はDHAなどの成分が酸化してしまっている臭いに他ならないのです。

そんな十分な量を摂取しにくいDHA・EPAですので、サプリメントがおすすめです。しかし、前述したように「酸化」しやすいDHA・EPAという成分は、サプリメントにおいても同様の現象が起きてしまいます。
すでに飲んでいる方はご存知かもしれませんが、酸化したサプリメントは気持ち悪くて飲めたものではありませんし、飲んでも十分な効果は期待できません。

もちろんきなりでは、そんなデリケートなDHA・EPAに工夫をしています。

酸化を抑える抗酸化作用がビタミンCの6000倍あるアスタキサンチンとDHA・EPAを含有するクリルオイルは通常のDHA・EPAよりも水に溶けやすいため、従来のサプリメントよりもDHA・EPAの吸収率も高いものになっています。

また、関節痛の大敵である「ドロドロ血」になってしまう原因の一つ「血栓」に直接作用するナットウキナーゼを配合し、統合的に関節リウマチの食事療法の穴をサポートするサプリメントがきなりというサプリメントです。


 

きなりのおすすめポイント!
  • 関節リウマチの痛み抑制に期待できるDHA・EPAをたっぷり510mg配合
  • 酸化しにくく吸収率の高いクリルオイル配合
  • 血液サラサラ効果のあるナットウキナーゼ配合
  • 15日間返金保証

口コミ

DHAサプリの中でもコスパが良いと思う。関節痛対策で買いましたが、他のものよりも臭くないというのは大きい。結果にも非常に満足しています。
59歳/男性
今話題のDHAとEPAとナットウキナーゼのサプリの中でも一番ピンときたものでした。アスタキサンチンも抗酸化作用で話題なのでちょっとお得な感じでいいですね。飲み始めるとちょっと痛みがらくになっていったのを覚えています。すごい!と思って!これからもお世話になると思います。
58歳/女性
他のものよりまったく臭くないのが〇。前のやつは1か月置いておいたら異臭を放っていたので。これは、一か月飲み切る直前まで臭いなしでした。優秀です。
65歳/女性

価格 1980円
評価 評価4.5
備考 初回定期便価格、2回目以降も33%OFFの3790円
 

アンチノビンの特徴

なかなかとれない関節の痛み。
薬を飲んでいるのに治らない理由というのは明確には解明されていませんでした。

ですが、最近の研究である一つのはっきりした原因があるということが究明されました。
それが『シノビオリン』という遺伝子です。

このシノビオリンという遺伝子は生物が多く持つミトコンドリアの働きを阻害しているために関節痛は起こっているのです。

ミトコンドリアとは、全生物の細胞に多く含まれている細胞内構造物の一つで、一つの細胞だけでも数十から数万と非常に多くのミトコンドリアが存在します。
ミトコンドリアが正常に働くことでエネルギーが生み出されるのです。

そんなミトコンドリアの働きをシノビオリンが邪魔をすることで、ミトコンドリアの質が低下し、エネルギーをしっかり生み出すことができず、その結果、体を老化させる活性酸素を大量に発生させ、体を錆びさせていきます。
こうなると悪循環でコンドロイチンなどの成分で一時的にミトコンドリアが活性しても根本が解決をしていないため、どんどん関節痛がひどくなったり、治ったり治らなかったりを繰り返してしまうのです。

そんなミトコンドリアを元気にするために生まれたのがコウキヨウ、ウコン、マンゴージンジャー、ヒハツという400万種の成分から抑制効果のあるものから実験を繰り返し、選びに選び抜かれた成分、アンチノビンなのです。

様々な関節痛などのサプリメントを試してきた、という方にこそおすすめしたいサプリメントです。

 

アンチノビンのおすすめポイント!
  • 未知の代謝調整遺伝子『シノビオリン』に着目した成分を配合
  • 東京医科大学の教授が考案したサプリメント
  • ミトコンドリアを活性化させる従来とは別のアプローチ法
  • 短期間でのケア効果が期待できる
  • 安心の日本製

口コミ

別のアプローチということで期待して購入しました。確かに前のものよりもずっと良い気がします。お値段は高めですが、仕事中に痛いのがかなりなくなるので背に腹は代えられないですね。 58歳/男性
様々なサプリを試しましたが、たどり着いたのがこれでした。高いだけあって、しっかり効いている気がします。日常生活が楽になりました。 65歳/女性
痛みで鬱になっていたところをこれに助けられました。本当に良いものです。 65歳/女性

価格 9800円
評価 評価4
備考 定期便価格でずっと30%OFFの9800円

 

自宅で湯治ができる入浴剤

薬での治療をされている方から自然治癒を目指している、という方全員におすすめできるのがこのkankaiという入浴剤です。入浴剤といってもその中身は和漢や血行を促進、肌の表面の保湿をするなど多くの成分が配合されています。

 

リウマチをはじめとする関節痛と湯治の相性は良いのですが、近場に温泉がない場合や、経済的な負担、移動の負担などを考えるとどうしても頻繁に行けるものではありません。

 

湯治を家のお風呂で、を実現したのがこのkankai(カンカイ)です。

 

 

このkankai(カンカイ)の最大のメリットは、『治療中の誰にでも使っていただける』ことです。
サプリメントや漢方、医薬品などは特定の成分が薬の邪魔をすることも少なくないため、医師の相談なしに飲むことは推奨されません。ですが、入浴剤は誰かにとがめられることはほぼないと言ってもいいというところも利点です。

 

 

関節リウマチは放っておくと危険

辛い関節リウマチの痛みを抑えるサプリメントはコレ!

 

関節リウマチは、放っておくことにより関節が変形してしまうこともある放置はしてはいけない非常に恐ろしい病気です。そして、それ以外にも臓器などにも炎症が転移して重大な損害を被るケースも少なくありません。

 

リウマチという名前は世間的には「ちょっと痛い」といったイメージがありますが、その処置は早期に行われなければいけません。

 

関節リウマチの治療には、投薬が基本となりますが、場合によっては手術するといった場合も考えられます。ですが大体は発症から1~2年以内の治療で重症化することはほとんどなく、うまくいけば痛みも薬もいらなくなる可能性のある病気です。

 

関節リウマチは関節の炎症によっておこるものですので、薬を使いたくないという方もまずは医師への診断と治療を行うことをおすすめします。

 

関節リウマチは自然治癒する?

辛い関節リウマチの痛みを抑えるサプリメントはコレ!

 

関節リウマチは自然治癒で治る、といった意見もありますが、そうではないケースもあります。関節リウマチの治療に使われるステロイドは副作用もあるため、嫌な方も多いかと思います。ですが、無理に使わないことに意固地になり、関節が変形し、歩けなくなるでは意味がありません。

 

自然治癒を目指すにしても、意固地に薬を使わない!ではなく、総合的に少しずつ対策をし、薬を減らすようにしていくことを考えていくことが先決です。

 

薬ではなく、サプリメントという選択は?

辛い関節リウマチの痛みを抑えるサプリメントはコレ!

 

西洋医薬は効果が高い反面副作用が怖いものです。対してサプリメントに副作用はありません。ですが、サプリメントはあくまで健康食品という域をでませんし、良くても食事療法の一環です。

 

もちろん、DHAやEPAなどをはじめとするリウマチの痛みの症状緩和などに効果のある成分は確かにあります。ですので、そういった成分を摂りつつ、薬での治療も目指すというのが正しい治療の在り方ではないか、と考えます。

 

また、西洋医薬の副作用が怖いというのであれば、副作用の少ない生薬で作られた漢方を使うというのは理に適っているともいえます。最近の病院の中には漢方の処方をする場所も多いため、漢方を使ってみることを頭に入れてもいいかと思います。

 

肝心なのは自分の相性の良い方法を見出して、うまく付き合っていくということです。
関節リウマチは完治しませんが、ほぼ完治(薬を使わなくてもよい程度)までは治せる病気といわれています。

 

いずれにせよ、ほぼ完治まで一年、二年と期間がかかってしまう長い病気ですし、ほぼ完治したとしても加齢などの関係で再発する可能性も高い病気です。

 

まずは、進行をしないように気を付けながら、自分にあった痛みの抑制方法を模索してみることが大切です。