MENU

リウマチについて記事一覧

リウマチになった、という話はよく聞きますが、リウマチ自体が何なのか知らない、という方は意外に多いのではないでしょうか?リウマチとは大きく言ってしまえば、体に痛みが起きる病気全てを総称してリウマチと呼びます。その範囲は代表的なものでは、関節、関節周りの骨、筋肉、腱などに及びます。一般的なのは関節リウマチという疾患です。では、一番多い関節リウマチとはどういった症状なのでしょうか?関節リウマチとは?関節...

リウマチは患者数が日本では、100万人いるといわれているほどある意味ではポピュラーな病気です。現在では、薬が治療法が発達し「早期治療」ができれば、ほぼ完治(完治はしない)のような状態まで改善することができます。関節リウマチの代表的な症状は、「こわばり」や「腫れ」や「痛み」ですが、放置しすぎると関節を変形させたり、炎症が広がった結果、臓器や血管などにも悪影響を与えることがあります。「こわばり」や「腫...

リウマチの原因は、免疫の異常です。自己免疫疾患とも呼びます。つまり、免疫が働く何らかの要因、細菌、ウイルス、ストレス、過労、過度な運動、喫煙、出産、怪我などの要因によって発症する可能性があります。つまるところ、原因を全て完全に排除できる可能性というのはほぼないことがわかります。しかし、なってしまうのをただ待つというのは落ち着かないですよね。リウマチの予防法はないのか?一般的にリウマチの原因となるも...

リウマチは全て完全に解明されていません。ですので、100%治るということはありません。しかし、早期治療により通院や薬が必要とない「ほぼ完治」という状態にもっていくことはできる可能性は高いです。ただ、普通の人よりはリウマチの再発という可能性も高いことだけは忘れないようにすることが大切です。再発したとしても、また早期治療を施すことにより同じように「ほぼ完治」させることができる可能性が高いのですから。リ...

リウマチ熱というのを聞いたことがあるでしょうか?かかる人の多い関節リウマチでも微熱が続くことがありますが、リウマチ熱は少し違います。リウマチは溶連菌(溶血性連鎖球菌)と呼ばれる細菌の感染後に起こる症状です。基本的には、この溶連菌自体が何かをするというよりは、この溶連菌が侵入したことで起こる炎症反応が原因でこのリウマチ熱というのは起こります。通常の関節リウマチとは違い、飛沫感染(咳、くしゃみなど)に...

リウマチ性多発筋痛症は高齢者、特に女性に多く発症する肩を中心に、腕、太腿などにこわばりや倦怠感を感じる症状です。関節リウマチとはまた別の症状で、感染症ではありません。このリウマチ性多発筋痛症はそこまでポピュラーなものではなく、10万人に1~2人程度と非常に珍しい症状の一つです関節リウマチのように関節の変形や臓器に炎症を起こすことはないのである意味では、関節リウマチより優しい症状とも言えますが、ステ...